1. ホーム > 
  2.  ガジェット

Chromebookを使い始めて2ヶ月目の感想。いろいろ不満もたまってきた

2015/2/19 - ガジェットChromebook

こんにちは!necco(@necco_tl)です!

DELLのChromebook 11を使い始めて2ヶ月くらいが経ちました。Chromebookは自分の部屋以外で作業をする時や、外出時の作業に使っていて、WindowsやMacも作業内容に応じて使い分けています。

購入当初は買ったばかりのドキドキ感も手伝って、このノートのいい部分ばかり見えていたのですが、2ヶ月くらい使っていると、いろいろと不満も出てきます。

恋から少しずつ覚めていくような感じでしょうかww

スポンサーリンク

液晶の品質が不満!

価格なりと言われればそれまでですが、使っている間はずーっと見ている部分なので不満もたまりやすい部分です。

視野角が狭く、全体に少し青っぽい感じです。
視野角はともかく青っぽい感じは、写真の補正をする時に困ります。いま見えている色は青いフィルターがかかっているようなものですから。

こちらはMacbook 2009とDELL Chromebook 11との液晶の比較。同じ写真を表示していますが、明らかにChromebookの方が青っぽいのが分かるかと。
chromebook-11-discontent_4

これがWindowsやMacであれば、色温度の調整ができるソフトを使って調整すればいいのですが、残念ながらChromeOSには色温度の調整ができる機能がありません。

唯一の回避方法は、HDMIで外部ディスプレイを接続する事。
でも外出時は当然この方法は使えないので、外出時の写真の補正はスマホを使っています。

フォントが可愛くないのが不満!

可愛くないって・・・お前が言うとキモいわ!というツッコミは無しで。

こうやって見比べると、Windowsのメイリオも悪くは無いですが、やっぱりMacのヒラギノが群を抜いて美しい(可愛い)ですよね。

  • chromebook-11-discontent_1
    ChromeOS
  • chromebook-11-discontent_2
    Windows
  • chromebook-11-discontent_3
    MacOS

フォントが美しいとウェブコンテンツが読みやすいだけでなく、読んでいるページに愛着すら持てそうな気がしてくるのが不思議です。

液晶の色温度調節よりもフォントのインストールができない方が不満は大きいですね。
とは言っても、フォントをローカルにインストールするというのは、ChromeOSのコンセプトには反する仕様なので実装される可能性は極めて低いかなと。残念ですが。

wmv形式の動画が見られないのが不満!

いきなり細かい話になって恐縮ですww
でも録りためていた海外ドラマとかwmv形式だったりとかするので・・・。

ChromeOS標準のビデオプレーヤーではmp4形式の動画は再生できるのですが、wmv形式の動画は再生できません。
DRMのかかっている動画を再生できないのは当たり前なのでいいのですが、非DRMの動画も再生できないとは・・・。
Chromeアプリストアで良さそうな動画再生アプリを試しているのですが、GOMPlayerのような便利なアプリには出会えていません。

処理能力に不満!

不満というほどの事でもないのですが、CPUがCeleronだからなのかメモリが4GBだからなのか、アプリを複数立ち上げて作業をしていると全体の挙動が重くなるタイミングがあります。

私の場合、ブラウザ、ピクセラエディター、GoogleKeepは常に立ち上げてブログの執筆作業を行うのですが、ここにChromeリモートデスクトップなどを立ち上げて作業をしていると重くなります。
特に何枚かの画像ファイルをピクセラエディターで開いていると、重くなる事が多い感じです。

ピクセラエディターがFLASHベースで動いているというのも影響しているのかもしれません。

ただ普段は軽快に動いていますので、使い方さえ気をつければいいという範囲の問題です。

神は細部に宿る

2か月使ってみて不満も出てきましたが、改めて感じるのはMacの完成度の高さです。
起動が速いとか価格が安いわりに作りが良いとか、Chromebook 11の良さは感じているのですが、長期的に使った時にデバイスに対する愛着が持てるかどうか、次に同じメーカーの製品を買うかどうかは、細部の完成度が重要なんだなと感じます。

Chromebookが完成度が低いわけではないものの、細部までこだわって作っている(だろう)Macに比べると、使い続けた時の完成度は雲泥の差があります。
2009年に購入したMacbook Airをいまだに飽きもせずに使い続けているというのも、Macの完成度の高さの現れなのかなと思います。
まさに「神は細部に宿る」ですね。

ではまた!

necco

ガジェットやブログ運営、旅行・お出かけ記などのブログtakerootを運営中。珍しいものを好んで選ぶマイノリティな男です。Webサイト制作とか広告といった仕事をしています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です