1. ホーム > 
  2.  ガジェット

Kindle本の注文をキャンセルする方法

2016/3/26 - ガジェットKindle

こんにちは!necco(@necco_tl)です!

Amazonはワンクリックで注文ができるので便利ですが、子供にボタンをポチッと押されても注文が確定してしまいます。

そう、まさにこれをやられちゃったんです。ちょうど買う気はないもののサンプルをダウンロードしようと思っていた時に。
どうせなら買おうか悩んでいる商品を見ている時にポチッとしてくれたらいいのにw

1歳児を責めてもどうしようもないのでKindle本の返金処理をしたんですが、ちょっと分かりにくい手順だったのでご紹介します。
同じ羽目にあった人は参考にしてもらえたら。

スポンサーリンク

Kindle本の注文をキャンセルする手順

Kindleアプリやブラウザで注文したKindle本のキャンセルには、カスタマーサービスに連絡する必要があります。
カスタマーサービスに連絡がつくかどうかにもよるとは思いますが、時間的には数分で手続きが終わります。

私は土曜日のお昼前に連絡しましたが、カスタマーサービスにすぐに繋がったので、3分ほどで手続きは終わりました。

まず、ページのフッター部分にある「カスタマーサービスに連絡」をクリックします。
「カスタマーサービスに連絡」のリンクの位置

カスタマーサービスのページでも「カスタマーサービスに連絡」をクリック。
「カスタマーサービスに連絡」のリンクの位置

「お問い合わせの種類」では「デジタルサービス」を選択。「お問い合わせ内容」は「Kindle本について」、「詳細内容」は「Kindle本の返品」を選択します。
お問い合わせの種類、内容を選択する位置

「お問い合わせ方法」で「電話」をクリックします。
電話ボタンの位置

電話番号を入力する画面に移動するので、連絡が欲しい電話番号を入力して、「今すぐ電話がほしい」をクリック。
電話番号の入力フォーム、「今すぐ電話がほしい」ボタンの位置

すぐにAmazonから電話が来て、カスタマーサービスに繋がりました。
改めてKindle本を間違って注文したので返金したい旨と自分の名前を伝えます。

すると「直近でご注文されたのは○○ですよね?これでしょうか?」という話の早さ。注文番号も控えていたのですが不要でした。
2〜3日以内に返金に関するメールが送られてくること、返金しても注文履歴には残ってしまうことを了解して電話を切りました。
これで返金が完了です。

7日以内なら返金できますが、繰り返すとブラック会員になりそう…

あっという間に終わってしまったので、少し拍子抜けしました。
注文履歴にキャンセルボタンを付けるとか、分りやすい場所にボタンを用意してくれてもいいのにな…と思いましたが、そうすると「読み終わって返金する」という人も出てきそうです。

7日以内なら返金ができますが、トラブルシューティングには「Amazonの裁量で返金をする」と書かれています。
あまりにも返金手続きが多い人は「怪しい」ということで返金を断られるということもありそうです。端末にダウンロードしたこともバレバレでしょうし。

ちなみに、今回キャンセルした本は、一度端末にダウンロードしてしまったのですが、返金手続き後に確認すると端末から消えていました。
まぁ当然といえば当然ですが、勝手に消えるというのが気持ち悪いなと思う人がいるかもしれませんね。私は気にしませんが。

ではまた!

necco

ガジェットやブログ運営、旅行・お出かけ記などのブログtakerootを運営中。珍しいものを好んで選ぶマイノリティな男です。Webサイト制作とか広告といった仕事をしています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です