1. ホーム > 
  2.  ガジェット

ChromebookにUbuntu Linuxをインストールしてみた

2015/1/11 - ガジェットChromebook

こんにちは!neccoです!

せっかく購入したChromebookなので、Ubuntu Linuxをインストールしてみました。
Ubuntuをインストールする理由は以下の2つです。

  1. Chromebookをオフライン状態でも使えるデバイスにする事
  2. Ubuntuのインストールと環境構築にチャレンジする事

正直、外出先でもスマホのテザリングを使う事によって、常にオンライン状態を保つことは難しくありません。なので、Ubuntuをインストールする理由は主に2番かなと。
昔、Windows2000が出始めの頃、インストールと環境構築で正月休みが潰れた事を思い出しましたが、こういう環境構築みたいな作業は結構好きみたいです。

ChromebookへのUbuntuのインストールは、こちらのブログの手順をそのまま実行して、無事に完了しました。

参考ブログ
chromebook-ubuntu-install_1ChromeBookへのLinuxインストール(chrubuntu編)
ChromebookにUbuntuをインストールする手順を分かりやすく説明してくれています。ある程度の知識は必要なものの、それほど専門知識が深くなくても十分理解できるレベルです。

スポンサーリンク

インストールは無事に完了

特に大きな問題もなくインストールは完了しました。自動で再起動しますので、デベロッパーモードの画面でctrl+lを押すと、Ubuntuが起動します。

chromebook-ubuntu-install_3

この画面でctrl+dならChromeOS、ctrl+lならUbuntuが起動する

chromebook-ubuntu-install_2

Ubuntu14.10がインストールされました。

Ubuntuは日本語もサポートしているので、言語設定を変えるだけでインターフェイスは日本語化されます。
環境設定やフォルダのデザインはMacを意識したデザインになっていますね。
元々Macユーザーなので、操作で戸惑う事は少なそうです。
chromebook-ubuntu-install_4

インストールしただけでは解決しない問題

無事にインストールは完了したものの、いくつかの問題は残っています。

  • 日本語入力ができない
  • トラックパッドが使えない
  • 画面の明るさが調節できない
  • サスペンドが使えない

ネットの情報では、インストール直後は起動時間も遅いみたいですね。確かにChromeOSに比べたら遅いですが、Windowsとかと比べても特別遅い感じはしません。

ともあれ日本語入力ができない、トラックパッドが使えないというのは致命的なので、まずはこの問題から対処していかないと。キーボードの配列もおかしいですしね。
無事に日本語入力環境が整ったら、またレポートします。

ではまた!

この記事を読んで頂いた方におススメの関連記事
ChromebookのOSリカバリ方法
Chromebookは起動しなくなった時でもリカバリは簡単。しかもすぐに終わります。いざという時のためのOSリカバリ用メディアの作成と、ChromeOSのリカバリ方法についてご紹介します。
necco

ガジェットやブログ運営、旅行・お出かけ記などのブログtakerootを運営中。珍しいものを好んで選ぶマイノリティな男です。Webサイト制作とか広告といった仕事をしています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です