1. ホーム > 
  2.  ガジェット

11インチのMacBook Airを買ったとです。

2016/2/8 - ガジェットMac

こんにちは!necco(@necco_tl)です!

新しいMacを買いました。MacBookAir 11インチモデルです。

3月にはモデルチェンジされるという噂もあるタイミングでの、まさかの購入。というのも、どうしても仕事で使えるノートパソコンが必要になったので、モデルチェンジを待っている時間がなかったのです。

スポンサーリンク

もともとはVAIOを買うつもりが…

最初からMacを購入する事を考えていたわけじゃなく、もともとはVAIO Pro 13 | mk2を購入するつもりでした。さぁ買うぞ!という時になってVAIO S13が発表され最安の構成でも若干の値上げ。

それでもVAIOを買う気でいましたが、ふとMac版のOffice 2011がMacBookAirが完全に故障してから宙に浮いていることに気づき、急遽Macの購入に切り替えました。

Windowsで使える新しいOfficeを買うと23,000円のコストアップになってしまうので、さすがにこれは無視できませんでした。

ただ、もしMac版のOfficeを持っていなかったら、VAIOを購入していたはずです。MacとVAIOを比較してMacを選んだわけではなく、VAIOも魅力的なパソコンです。

SONYから切り離されてからのVAIOは、こだわりを持って製品を作っているのが伝わりますし、いいメーカーに生まれ変わっている感じがします。
無刻印キーボードとか、私には絶対に使いこなせないシロモノですが、こういう製品が出せちゃうところが、今のVAIOというメーカーの考え方を分かりやすく伝えていると思います。

13インチでも12インチでもなく11インチにした理由

今回購入したMacは11インチモデルです。以前使っていた13インチのAirでもなく、12インチのMacBookでもなく。

理由は、サイズとキーボードの品質。
13インチではディスプレイ解像度は高くなるもののサイズが大きすぎますし、12インチのMacBookではキーボードのキーストロークが浅すぎるので使いにくいのです。
アップルはこの新しいMacBookに搭載されているキーボードを自慢げに見せていますが、正直言って私は薄くて使いにくいなと感じました。

ブログを書くなど文字を入力することが多いので、キーボードは質感の良さや配列が素直なものかどうかだけでなく、ストロークの深さといった細かい点まで気になります。
その点でも11インチのMacBookAirは私にとって合格点でした。

久しぶりにMacを使って覚えた2つの違和感

今回久しぶりにMacをメインのパソコンにしましたが、久しぶりに触るMacOSにはかなり違和感を感じています。と言っても、良い意味での違和感ですが。

まずは入力した文字が自動で変換されていくライブ変換機能。OS X El Capitanから実装された機能みたいですが、最初はこの挙動に慣れなくて戸惑っていました。
しかし、思ったよりも精度の高い変換と文字入力の操作がひと手間減ることが快感になってきて、今では入力したそばからぬるぬる変換されていく文字を見ていると逆に気持ちがいいくらいです。

ライブ変換機能に慣れてしまうと、Windowsなどを使った時の文字入力に使いにくさを感じてしまうかもしれません。

もう一つの違和感はトラックパッドジェスチャの多さ。
3本指でスワイプするMission Controlの起動などは、Command+tabでのアプリケーション切り替えがWidnwsよりも不便だなと思っていたMacでは、手放せないジャスチャになっています。

エクセルで開いた数枚のファイルをフルスクリーンで表示することも多く、各ウィンドウの選択が3本指スワイプで選択しやすくなったことは、個人的にMacの使い勝手を大きく向上させるものだと思っています。

これだけジェスチャが多く使いこなしていくようになったら、2,000円前後で売っている通常のマウスでは役に立たなそうです。
一般的なマウスでは、左右のボタンとスクロールボタンしか付いていませんから、機能が制限されてしまいます。

PhotoShopを使うと言った、細かな操作が要求されるような場面ではマウスの方が使いやすいのですが、それ以外の文書作成などの一般的な作業、特にアプリケーションやウィンドウを頻繁に切り替えて行う作業などは、トラックパッドを使った方が便利です。
正直言って、マウスの出番はかなり減ってきました。

二代目のMacBookAirを使っていた身からすると、液晶画面の開閉も以前のモデルよりもスムースで気持ちいい。パソコンとしてのパフォーマンスが非常に高く、4GBモデルでもサクサク動いています。

きっとVAIOを買っても「VAIOっていいよね」という話になっていたと思いますが、今回MacBookを買って思うことは「やっぱMacBookっていいよね」という事ですw

2016年のモデルチェンジでは、ラインアップから消えてしまう可能性も囁かれている11インチMacBook Air。これほど完成度の高いコンパクトPCは他にはちょっとなさそうなので、ラインアップから消えてしまうのはちょっと悲しいです。

このMacBook Airを買い換える頃にはMacBook12インチの完成度もさらに高くなっていると思いますが、あのキーボードはちょっとねぇ……。

ではまた。

necco

ガジェットやブログ運営、旅行・お出かけ記などのブログtakerootを運営中。珍しいものを好んで選ぶマイノリティな男です。Webサイト制作とか広告といった仕事をしています。

コメント

コメントを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です